Stanza della Luna

雑多な詩集

ほんとうの宝石

凍りついた根雪が溶けるころ

白い花があちこちに咲き乱れる小さな町

 

夏にはそよ風が緑の葉を揺らし

秋には赤い果実が実る

 

その町の空は

山に切り取られた四角形

空の果ては見えない

 

何だか退屈で

少しうんざりした少年は

どこか遠く 

まだ見ぬ場所にきっとある

すごい宝物を夢見て 

ある日町を出た

 

曲がりくねった道を歩き続け

少年はやがて大きな町にたどり着く

 

そこには何でもあって

見たことのない食べ物や

夢みたいにきれいな色の飲みものや

お腹に響いてくるような音楽に

少年はときめいた

 

みんな楽しそうで

おしゃれな服を着て

にぎやかな通りを行き交うのを

少年はうっとり眺める

 

「ここで僕は 僕の宝物を探すんだ。」

 

 

ある日 少年は気づく

その町の空も

ビル群に四角く切り取られて

空の果ては見えない

 

「おまけにここは星も見えないんだね。

僕が生まれた町は・・・」

言いかけてやめた 

 

宝石みたいな街明かりが一晩中灯って

眠らない夜をさまよう人たちは

まるで魔法にかかったみたいに

笑いさざめいていたけど

 

次の日少年が通りかかった

昼間の裏通りは

薄汚れて、みすぼらしくて

まるで違う場所みたい

 

きれいにお化粧をして笑ってた女の人が

疲れた顔で窓の外をぼんやり見てる

 

解けてしまった魔法と引き替えに

彼女は何を犠牲にしたんだろう

 

少年はとても苦しくて

山に切り取られたあの小さな空が

たまらなく恋しくて

 

夜になったらまたたく満天の星

晴れたらどこまでも澄んだ青

優しい朝焼けや夕焼けがいっぱいに広がる

小さなあの空が恋しくて

 

曲がりくねった道を

少し疲れた足取りでたどり

少年はあの小さな町に帰って来たんだ

 

そこには何もないけど

小さく切り取られた空の端に

傾いた夕日が

夢みたいにきれいなオレンジで

赤く色づいた林檎の実を照らして

数え切れないほどの真っ赤な宝石が暖かな輝きを放っている

 

「僕の宝物 見つけた。」

 

少年が小さくつぶやくと

誰かの「おかえり」が聞こえたみたい

夏とスイカと麦わら帽子

少し古びたたたみに寝ころんで

おなかにバスタオルをのせてうとうとすると

目が覚めるころ庭先はセピア色に染まって

蝉の声が「もう夕方だよ」と大合唱してた

 

私より背の高いひまわりが

空を見上げてる道を

プール帰りに歩いていると

入道雲モクモク 雷ゴロゴロ

短い夕立がいつも熱をさらっていった

 

ちゃぶ台に三角のスイカ

塩なんてかけないほうがおいしいのになんて思いながら

時々うっかり種をのみ込んで

芽が出てきたらどうしようって気にしたっけ

 

ラジオ体操や

高校野球の音が聞こえてた

 

麦わら帽子かぶって

虫取りに行ったり

扇風機に向かって

「あー」って言ったり

ちっぽけだけど楽しい夏の思い出

 

冷房の効いた部屋で思う

 

あんな夏は今もどこかにあるのかな

新しい一歩

あなたがいなくなってしまって

無意識に私は

立ち止まっていたんだね

 

季節の中の一つひとつのかけらに

全部あなたがいるから

 

違う花が咲くたびに

あなたに話したくなったりして

 

変わらない世界から

あなただけが消えてしまったことに茫然として

気づけば同じ場所に

ずっと立ちすくんでいた

 

気づいたんだ

目の前の扉が少し開いているのに

 

垣間見る向こう側の景色は

世界は絶えず動き続けていると教えてくれる

 

扉の向こうに

一歩踏み出してみる

 

世界はもう生まれ変わっていて

前と同じなんかじゃないんだね

 

あなたがいない世界を

一歩ずつ歩む

どんな一歩でも

一歩ずつ歩む

 

築いていく新しい世界に

あなたはいないけれど

 

優しい人がたくさんいて

 

それぞれに悲しみを背負って

 

時々はあなたの思い出話だってする

 

新しい一歩が教えてくれる

生きている意味は

思ったより優しく、温かいよ

日常

日常は

打ち寄せる波のように

容赦なく押し寄せ

泳ぎ続けないと

のみ込まれてしまう

 

日常は

絶えず新たな難題を生み出し

得体の知れない魔物を生み出し

それと戦うために

夢を見る間もない

 

日常は

夜明けと共に世界を照らし

立ち止まりそうな時

それを許さない

 

進み続けるうち

私が背負う

途方もない悲しみは

いつのまにか

少しずつ 

少しずつ

小さくなっていく

 

日常は非情で

その分どこか優しい

 

日常は容赦なく

日常は優しい

 

あなたのいない世界

カーテンから差し込む光

ニュースを読むアナウンサーの声

カップに注ぐ紅茶の香り

まるでいつもと同じ朝

 

一人暮らす部屋の窓から見る

少しくすんだ空の柔らかな光

川辺に揺れる草の波

深くなる木々の緑も

全部いつか見たのと同じ

 

だけど、この世界にもうあなたはいない

 

駅前を行き交う人はいつもと変わらず足早で

制服姿の高校生達が笑い転げている

みんな気づいていないみたい

 

この世界にもうあなたはいないのに

 

何一つ変わってないみたいな世界に

私は立ちすくむ

 

あの場所に行っても もうあなたに会えない

あの番号にかけても もうあなたと話せない

あなたの愚痴を聞くこともないし

私の愚痴を聞いてもらうこともない

他愛のない話で見せる

あの笑顔を見ることもない

 

あなたのいない世界で

私は今までどおり生きる

今までどおりじゃない世界で

あなたが教えてくれたように

あなたが生きていたように

あなたが光を与えたように

 

私は生きて行く

うかれる権利

うかれて 傷ついて

落ち込んで 反省して

 

またうかれて 傷ついて

落ち込んで 反省して

 

そんなことを繰り返して

いつしか

傷つかないために

賢く臆病に生きる

術を身につけた

 

期待しなければ 

失望することもないもの

 

うかれる人が愚かに見えて

うかれる人が本当はうらやましくて

うかれたらまた傷つくのが恐くて

うかれるのが恐くて

 

傷だらけの私

うかれる権利がないから

うかれたらバチが当たるって思ってる

 

 

 

なくしものの国

なくしたものは 

さがしても、さがしても 

見つからないのに

 

ある日ひょっこり 

もう さがしたはずの場所から 

出てきたりする

 

まるで「ボクのありがたさがわかったでしょう?」と

私をこらしめたかったみたいに

 

きっと世界のどこかには 「なくしものの国」がある

 

いいかげんな持ち主に

忘れさられたもの 

ぞんざいに扱われたものたちが

 

「もう帰るものか」

「うんと困ればいい」

「せいせいした」

「ここは気楽でいいわ」

 

・・・なんて楽しげに暮らしてる秘密の場所

 

それでも さがしてほしくて

それでも みつけてほしくて

ほんとは もとの場所に帰りたくて

こっそり ため息ついたりしてるんじゃないかな

 

ある日 ひょっこり帰ってきた なくしものは

何事もなかったように装いながら

どこかまだ迷ってるようで

 

「ごめんね」って話しかけたら

「フンっ」て笑ったみたいな気がした