Stanza della Luna

雑多な詩集

ひとりになるために 遠くに来たのに

どこに行っても 私は 私でしかない

 

しゃべり方 好きなテレビ ひねくれたような笑顔

猫背 人目を気にするところも

 

夜明け前の空気が ぼんやりと染まり始めて

どこからか朝が 漂ってくる

 

中央帯 霜のついた赤い花

花びらのふち 茶色くなっている

 

冬の花はなぜ 凍るような朝に咲くのかな

 

カーステレオから流れるモーツァルト

遠い時、遠い場所で朽ち果てた その人がいなければ

今日 この美しいメロディ聞くことはできなかった

 

どんなに苦しい人生だったとしても

その人がいたか いなかったか

それはとても意味のあること

 

私がいることも同じなのかな

 

頭の中でいろいろ考えすぎるのは私の悪いくせ

何も変われないのに

それだけで疲れてしまってる

 

だけど なんだかんだと こうして 

夜が明けてくのを目の当たりにしたら

まあ いいかって思ったりする

 

それでいいんだと思う

そうしていられるから