Stanza della Luna

雑多な詩集

春の魔女

雪と氷に閉ざされた町に

優しい魔法が忍び込む

 

静かな夜に屋根を打つ雨音に

凍り付いた全てが

溶けだす気配満ちる

 

重く固い根雪も

形変え しずくになって

 

地面の中 音も立てず

小さな種が目を覚ます

 

縮こまった木々の枝が

花を咲かす準備を急ぎ出す

 

今年の春の魔女が 

町中に降り注ぐ最初の雨は

全てを優しく濡らして

氷の魔術は もう解ける頃

 

氷のとげが心に刺さった私は

身動きの取れない

長い冬に どこか

安住していたけれど

 

春の魔女が

この町に来る頃

私も旅立つ 準備を始める